バナー

とうきょう子育てスイッチ

ログイン



「震災体験から学ぶ〜復興(福幸)への祈り 災害時に自分の身を守るために〜」講演会が東京で開催されました。
この会には東北で若石リフレクソロジーを指導する石橋ます子先生、内山心葉先生、そして東京の吉田潔先生が中心となって多くのボランティアさん達が関わった「足もみボランティア後方支援プロジェクト」として約1年続けてこられた活動の記録を詳細に発表されました。
石橋ます子先生と内山心葉先生が語ってくださった被災の時の体験談から提案する「そなえ」も貴重です。
「足もみボランティアの実際」では、ステージいっぱいにユーモアを交え現地の足もみ模様が再現されました。
「ワンポイントレッスン」もケースに応じたわかりやすい実演で、すぐに自分でできる足もみ方を楽しく伝えてくれました。

そして、津波が押し寄せてきた瞬間、この震災が私たちに教えてくれた事を、津波を体験した語り部「後藤一磨さん」がリアルに語ってくださっています。

Amazonからお求め頂けます。

このDVD(税込2000円送料別)の売上げの一部を「足もみボランティア後方支援プロジェクト」義援金と致しています。「被災地で学んだ足もみの重要性」を伝え続けるお役に立てればと思います。

息子さんを精神薬で失ったお母様の心の叫びを聞いて本当に心が痛みました。
「あの晩、私がぐうっと寝入らなければ。。。こんなことにならなかったのに」
息子さんが薬による「朝と夜」逆転した生活になってもとことん寄り添っていて身体の疲れが絶頂になっていたお母さんの真の言葉です。
私は、残されたご家族の方がこれからどれだけの後悔の念を背負って生きて行かれるのだろうか?と
自然に涙が出てしまいました。

精神薬の薬害を考えるシンポジウムでは、精神医学における隠された不審死(中毒死)の実態、自殺の分析、被害による社会的損失についてのお話。
抗うつ薬、主にSSRI(パキシルとルボックス)とベンゾジアゼピンを中心として、単剤による被害、依存性、危険性の現状を
お聞きしてきました。

現在は、気軽に精神科を受診できるようになったために、向精神薬によるさまざまな被害が増えています。

私たちは日々、感情の波により気分が落ちたり上がったりするものです。
でも感情の浮き沈みは通常当たり前な話です。
しかしこの押しつぶされそうな感情の落ち込みを
簡単に薬を手にして押さえこもうとすることがきっかけで
どんどんはまってしまう恐ろしい薬害の問題。

私たちには、自然に身体のバランスを整えようとする自然治癒力が備わっているのです。
足うらリフレクソロジーも自分の身体が本来持っている治癒力を高める効果があります。
働きすぎている臓器を沈め、働いていない臓器の動きを活性化していきます。
どうぞその力を信じましょう。
時間はかかるかもしれませんが。。。。必ず良くなるのです。

この「薬害を考えるシンポジウム」の内容は是非皆さんに聞いて頂きたいと思いました。
そしてこの現実を伝えていかなければならないと思います。
未来ある若者たちの大事な命を簡単に落としてほしくないのです。

第二回精神薬の薬害を考えるシンポジウムの模様は、心に寄り添う番組「パッチTV」よりご覧になれます。
http://patch-tv.jp/

「足湯をしてから足を揉もうね。」

知的障害者施設での足うらリフレクソロジーです。
私は、車いすに乗った方が多いので足湯の位置を調整していました。
踏み台を1段置いてその上に足湯のバケツを載せてみました。。。
う〜辛そう。
「どうしようか?足湯今日は難しいかな?姿勢がきついかな?足湯に入りたい??」と聞くと
「入りたい!」
「じゃあもう1段踏み台を持ってくるから待っていてね。」
なかなか人それぞれ調整には大変だけれど。。。

「これでどうかな?」
自分では言う事がききにくい足をゆっくりと上げ彼は足を足湯に入れまいた。
「うあ〜気持ちいい」その言葉と同時に彼の表情が柔らかくほどけてまるで羽が生えて飛んで行きそうな姿に私は嬉しく感動しました。

その言葉で周りの知的障害の方達もワクワクしながら順番を待ってくれました。

足からの刺激で自然に顔がほころんでくる方。。。
身体を動かし一生懸命何かサインを送ってくださる方。。。
その方、その方の反応は様々です。


足うらリフレの間、はにかみ嬉しそうにしてくださった方からは一杯の喜びを頂きました。

想像以上にのびのびとしている足を触らせて頂き
日々、勉強になる足もみ時間でした。

パーソナルスペースを象徴した一坪カフェ。
全ての人に生きている役割と、場所があることを再確認できるメンタルワークショップです。


人は、人間の関係性を無意識で実際の距離としてあらわすことがあります。

苦手な人とは距離をとる。

好きな人には近づきになる。

親しさによって人を受け入れられる距離が感覚で現れているのです。
人のパーソナルスペースとして一坪(二畳)の中には仲の良さという関係がよく見えてきます。
茶室の寸法としても一坪はおもてなしをする合理的なサイズとして知られています。
亭主と客人のコミュニケーションする理想的な距離感なのかも知れません。

一坪に集える。そんな集まりを楽しむカフェにであし足をモミモミする時間を持ちました。

会社には行けないけれど一坪カフェならば安心して家を出る事が出来るという方。
心の痛みがわかるから、悩んでいる方に寄り添ってエールをおくれるよという方まで。
年齢性別さまざまな方の集まりです。

「何も考えず身体からの刺激を感じてみましょう♪」
足をモミモミしてみると
どこからともなく「わ~気持ちいいラブラブ
そう!こういうことが大事。
私たちは、頭を使いすぎていますよね。。。。毎日。
堅くなった頭と心がバターが溶けるようにじわ~と流れて広がっていく感じ。
この感覚を忘れないで欲しい。

また来週「一坪カフェ」で足モミモミタイムを持とうと思います。

$心と身体を癒すゆきのブログ


今年の冬の寒さには参っています。カゼ
想像以上に身体は冷えているものです。
足うらリフレクソロジーに来てくださっているお客様も悲鳴を上げています「何だか?調子が悪いんですガーン
あし足を触って「あ~これは辛そうですね~」
足うらリフレクソロジーで血流を良くして内臓の働きを促しますが。。。
夜寝る時、お家にいる時、のセルフケアとしてシルクの腹巻き+絹と綿の二重編みサポーターをおすすめしています。
腎臓は、血液の浄化という大事な働きを担っています。血液からの老廃物を取り除いて尿を作ります。

実は、私も愛用してます~こんな感じグッド!


もう温かくて止められない!!手放せません合格
シルク腹巻きはロングタイプなので背中の中央に位置する腎臓をしっかりと温めてくれるのです。
サポーターと一緒に身につけると。。。。むむむもう脱げません~
とにかく腎臓が冷えると風邪を引きやすくなりますよ。

腹巻き??何て恥ずかしがらず身体をしっかり温めてあげてね。
天才バカボンのパパみたいだけど。。。冬だからそれでいいのだ〜



月1回のお習い事のようにあし足うらリフレクソロジーのワンポイントレッスンを会員性のサロンで教えています。


2012年の初めてのレッスン日、一人の生徒さんが「先生。。。実はすごいことが起きたんです!!とお話ししてくださいました。

実は先日、朝のこと、主人が2階から痛い痛いガーン背中と心臓がいたいって降りて来て...

普通だと救急車を呼ぶのかな?とは思うくらい普通ではない状況だとは思ったんだけど。
病院救急車を呼ぶのはご近所にもご迷惑になるし。。。
躊躇しちゃって。
主人もグー我慢強いもんだから。
後で笑い話になったから良かったけれど~叫び

そのまま下にうずくまっているから何か私に出来る事は?と。。。。
そうだ!!!
足うらリフレで習ったじゃない!心臓のところ。
それを私。。。30分もみ続けたの。

そしたら主人もおとなしく揉まれ続けていたのね。
少し心臓の痛さがなくなったかな?って言うから心配だったけど私、仕事もあったし出勤したのね。
彼は近くに病院があるから一応行ったの。

そしたら病院から電話電話が来て心筋梗塞です!緊急施術!!
術後、先生から1秒争う状態でした。
普通、発作が起きて何時間も立つと細胞が壊死してしまい肺に水がたまるなど第二次障害がおきるはずなのですが。。。
心臓の血管大動脈みたいなのが壊死しなかったの。
不思議でしょう?私は朝の心臓が苦しいと言ったときのあし足もみが細胞の壊死を緩和したのかしら?と感じているの。
本当に細胞の壊死がなくて良かった!!
次の段階の身体の障害を引き起こさないですんだのも足もみのおかげかも~と
目涙ぐみながら伝えてくださいました。

こんな状況で心臓の反射区を揉んでみようと行動に起こした彼女に、すごいラブラブ勇気を感じ感動しました。
ワンポイントレッスンが少しでも役に立っているのかもね~と皆で拍手をしました。

遠方から素敵なお客様をあし足うらリフレクソロジーにお迎え致しました音譜
今回は、お仕事で東京にいらして寄ってくださいました。
楽しい施術をさせて頂きました~

日々しっかりとお仕事をされながら、
学生ボランティア団体の応援や今回の大震災で被害の大きかった南三陸町支援のお手伝い
そして地元の消防団の応援もされている超ハードグーな温かいハートドキドキをお持ちの方です。

殆どお休みもない日々。
いっぱいのお疲れを抱えリフレにいらしてくださいました。

あれ?睡眠不足かな??
夜中に消防団からの電話緊急連絡。。。。ゆっくり寝れない夜もあるご様子。
特に親指を念入りに施術させて頂きましたよ。

昨日は、1月17日
ちょうど17年前に体験された阪神淡路大震災の時のお話しを聞かせてくださいました。
あまりにリアルなお話。。。時々、施術の手が止まってしまいそうでした。

私にとってあし足うらリフレの時間は、お客様が持っている貴重な体験、感情を少し頂ける
本当に大切な時間です。


2011年最後のお客様のあし足うらリフレクソロジーの施術の時、痛切に感じましたあせる
もしかしてお客様は寒いのかも!ガーン
かなり夜も遅い時間の施術だったので一段と寒さが心配になりました。

揉んでいない方の足はしっかりとタオルでくるんでいるのですが。。。。。
ついつい足を揉んでいると話がはずんでしまい。。。
そんな時、やっぱりお客様が寒くないかな?と、とってもとっても心配になってくるのです得意げ
施術スタジオには暖房としてクーラーがあるのですが、熱風が苦手な方も多いのです。

身体の芯から暖まる暖房器具はないかなはてなマークはてなマーク
色々リサーチしました!そして「マイカの岩盤浴遠赤外線パネルヒーター」購入してみました。


早速、試し運転~

あれ?!?何だかすごくいい!グッド!足元から身体全体がじわっとあたたまっていく感じ。。。。
びっくり!!
それに無風・無音・無臭だ~何てエコ暖房目

さすが岩盤浴というネーミングをつけるだけある♪
身体の内側からぽかぽか。
本当におすすめですラブラブ
1月~3月まだまだ寒さが増してきます。これでお客様とお話しがはずんでも寒さを心配しなくてもいいわ。
チョキ快適音譜快適音譜

2012年スタートしましたね~
今年は年明け早々に嬉しいお知らせが。。。。ニコニコ

念願だった「桐の箱庭」をリリースしました。
私たちDreamCraftは「桐」という素材にこだわり、材料選びから加工まで、一切の妥協をしませんでした。
心と身体を癒すゆきのブログ
桐の手触りは温かく、柔らかく、私たちの心を癒してくれる素材だと思います。
箱庭は、心の中の無意識な領域を簡単にしかも楽しく表現できるツールの1つです。
こんがらがってしまった思いや厄介な感情を紐解き、整理していくのに助けてくれたりもするんです。

昨年、素敵な方との出会いによりこの桐の箱庭が実現しました。
この方も桐という素材に愛ラブラブを持った方でした。

桐の箱の外側の桐はオイル仕上げで、白地な無に近いイメージです。
あえて採用した自然素材の桐の耳(木の皮)の部分は、内側が低く、外側に向かって高く組みました。
それは箱に砂を入れてみた景色が、海、空、そして桐の耳を雲に見立てることを意識したからです。
イマジネーションが広がりますね~目
心と身体を癒すゆきのブログ


砂を入れた時、隙間に入らないようにする為、非常に手間が掛かる工程ですが、組み立てて外側をオイル塗装した後に、内側の青色塗装する工程を採用しました。
それは、つなぎ目の強度も増して、カウンセラーさんが出張等で持ち運びされる場合の安心を考慮しているからです。

多くの場所で一人でも多くの方に箱庭を体験していただきたいとの願いがこめられているのです。

先日、静岡にある重症心身障害者施設の「でら~と」へ行って来ました。
利用者さんへのあし足うらリフレクソロジーでお手伝いさせて頂いています。
足から人生を映し出しているくらい色々なメッセージが伝わってくるのです。
私は心と身体のケアする立場として自分の幅を広げる為に勉強に行かせて頂き1年半になります。
施設長が「とうとう東京、横浜そして大阪でも「普通に生きる」の映画が上映されることになりました」と嬉しそうに教えてくださいました。

「地域の中で普通に生きていける!」という理念のもとで立ち上げた重症心身障害者のための通所施設「でら~と」。
私は既に、このドキュメンタリー映画を、8月5日のお披露目上映で鑑賞して参りました。
いつも足を揉ませて頂いている利用者さん達が映画の中で表現しています。
施設の立ち上げ、日々の様子、そして各家庭での時間。
どんなに重い障害があっても、本人も、家族も、笑顔で過ごしている日常の姿に涙がこぼれ、泣きっぱなしでした。

障害、家族、仲間、人生、自立などなど本当に考えさせられるテーマが描かれています。
この世の中に誕生した私たち一人一人が、使命、意義を抱え、「かけがえのない奇跡」として人生をスタートしたのだと再認識させられました。

是非皆様「普通に生きる」の映画に触れてみてください。
本当に屈託のない笑顔、天使のようなきれいな心を持った重症心身者の方。
それを支え共に自立を目指している家族、周りの方々の生き方に私は感動しました。
この「普通に生きる」をご覧になると、あなたの幸せの引き出しが増えるかも知れませんよ。

2012年1月7日(土)東京を皮切りにロードショー!

東京:ポレポレ東中野 2012年1月7日~
横浜:横浜ニューテアトル 2012年1月21日~
大阪:シネ・ヌーヴォ 2012年1月28日~
$心と身体を癒すゆきのブログ

重症心身障害者施設で行っている足うらリフレクソロジーのワンシーンです。
まったりと温かい空気が流れている癒しの時間ラブラブ
一度も自分の足で歩いた事のない方の足。。。それは赤ちゃんのように綺麗な足あしです。
ゆっくりと触っていくうちに。。。。あらあら今日はいびきが聞こえてきました。
私に身をゆだねぐぅぐぅゆだれをたらして寝ております。
心と身体を癒すゆきのブログ


私は一生懸命会話をしてましたが独り言になっていたようです!
まっいいっかあせる

宇宙で足うらの実験をした古川聡宇宙飛行士が、戻って来ましたね~

国際宇宙ステーション(ISS)長期滞在時、古川宇宙飛行士が医者であることを活かした宇宙環境での身体の変化などを調べる実験を多々していましたね~

その中でもあし足うらリフレクソロジストでもある私は、
「足底の皮膚:微小重力空間では、足での歩行で移動しないため足裏に負担がかからないことから足裏が柔らかくなると言われている。足裏を下方および側方から撮影し、指先で足裏を押した際の変化をみる。」
実験にとっても興味を持ちました。
まずは、古い角質が剥けていきそして剥け終わるとニコニコあかちゃんのように柔らかいふわふわとした足になったそうです。
私もUFO宇宙に行きたいわ~

下半身もやせるそうですよ。
ウエストなんかきゅっとちじまっていました!!

心と身体を癒すゆきのブログ

誰もが迎える「死」にどう向き合い生きていくのか?
こんな難しいテーマに、医師として「医療にユーモアを」と活動されているお医者さま
岡原先生を私は尊敬しています。

死=絶望、恐怖、苦痛
以前は、そんな暗~いイメージしか持てない私でしたが、岡原先生に出会い可能性を感じています。

家族の中で病に苦しむ方がいると周りで看護する家族、友人の心も身体も辛い日々。
そんな中でユーモア、笑いがどれだけ疲れて凝り固まった心を溶かす事でしょう~
一人の方の心が溶けていくとその空気は周りへと伝染し患者さんの痛みまでも和らげるのだと思います。

実際、「(=⌒▽⌒=)あ~楽しい看護だった!」と言えた家族がいらっしゃるのです。
凄いことです。

今日私は、岡原先生の実話から生まれた演劇「死に顔ピース」を観に行って涙してきました。

私は今、足うらリフレクソロジーを通して色々な方と出会わせて頂いています。
その中で疲れが溜まり凝り固まっていらっしゃる方がいた時、心まで溶かしていけるような温かいリフレクソロジストになって行きたいと強く思いました。

無意識からのメッセージ。「箱庭」は結構楽しいんです。

なかなか掴めない心の状態を箱庭を使って表現する。
箱庭を体験すると「わ~何だか面白い!」「不思議~」という感想。
じわっと感じるものがあるようです。
$心と身体を癒すゆきのブログ


日本では心理状態を分析するツールとして知られていますが、
私はもっともっと気軽に箱庭を出来る環境が大切だな~と思ってます。
今、箱庭のラインナップを増やす新企画!!会議中~
「砂」「箱」そして「クマ動物やチューリップ赤樹木などのアイテム」を何度も手に取り温めながら~
検討に検討を重ねながら~進行中。
もう少しかかるかな。
心のツールだからこそラブラブ大事に大事にね。
もうすぐ試作品が出来上がります!!
(≡^∇^≡)ワクワクしちゃいます。
足うらリフレクソロジースタジオにも早く登場させたいわ。

お一人様15分というとってもとっても短い施術でしたが、クラッカー「地域活動ホームかがやき」のお祭りで若石足うらリフレクソロジーの施術をしてきました♪

この施設は知的障害のある方、重症心身者の方、子どもの育ち支援などなど誰もが安心してくらせる地域社会づくりをしている施設だけあり、本当にさまざな方達と足もみを通して触れ合うことが出来ました。
私は、小学校1年生のコスモスふわふわの柔らかい足から、足を切り離したい~くらい足がだるいのと言っている9ヶ月の妊婦さん、それに重症心身者のお子さんを持つご夫婦、それに知的障害者の方、ご近所のおばあさまなどなど。。。。。
さまざまな方の足を触らせて頂くことで、大きなドキドキふれあいの時間を持てました。
私にとって本当に学びの多い貴重な時間です。

不思議ですよ。みんな靴下を脱いで素足になるとお話しがはずむ!はずむ!ついつい時間オーバーしてしまいます。
もっとじっくり足もみしてあげたいな~なんて思っています。また次回ねチョキ
$心と身体を癒すゆきのブログ

週末に、殆ど同時に私の足うらリフレクソロジー初級プロコースを修了された生徒さんとわいわい!!とお茶会を持ちました。
このコースを修了すると「若石健康普及指導士」というカッコイイグッド!賞状をもらい、あなたが家族、彼、彼女などあなたの周りのドキドキ大切な方ドキドキを足うらから健康へと守っていけるようになるのです。

生徒さんは、皆さんお仕事をしていたり、日々子育てに追われ、1日48時間欲しいです!!と言われる
多忙な方々です。
だからほぼプライベートでスクールは進んで行きます。
でもしょぼん寂しいじゃないですか?仲間は私たちに力を与えてくれますラブラブ
だからこそ私は美味しいケーキケーキを食べながら語らう時間を持っています。
「私も早く色々な方のあし足を揉みたい~」とか。「セルフケアがなかなか続かないの」などなど。
お互いの話を聞いて刺激を受け楽しいな~と思いました。

大切な仲間の誕生は嬉しいですね。
$心と身体を癒すゆきのブログ

会員制のマダムが集まるサロンでの足うらリフレクソロジーの講座です。
この講座が始まった時にはマダム達は「人前で足を見せる何て恥ずかしいわ~べーっだ!」と仰っておりましたが、
8ヶ月経った今ではお互いの足あしもさわり合ったり「きゃ~きゃ~」と楽しい時間です!
みんなそれぞれお疲れになっているところが違いますね。

$心と身体を癒すゆきのブログ

今年も参加してきます!!「リレーフォーライフIN尾道2011/9/18~9/19」
がん患者や家族が集まって、生きている喜びを分かち合い、旅立った人たちに思いを馳せながら、
交代で24時間歩き続けるというリレーフォーライフ。
一人なら辛くて泣きそうになっても、仲間がいれば落ち込まず、前向きに生きていけるはず!!
一人の声は小さくても、仲間たちがいれば大きな声になるはず!!
がんでも自分らしく生きるというミッションに共感をし関わり続けて3年目になります。
今回は、若石足うらリフレクソロジーの先生方と一緒にリレーフォーライフに参加されている皆様の疲れた足あしリフレッシュ!させて頂きます。
楽しみです~

イベントの模様は、参加したくても身体が動かない方や病院のベットの上でも気持ちは参加できるようにと、24時間インターネットで中継します。

ためになる講演会、元気が出るステージでの歌や踊り、そしてがんで旅立たれた大事な方への鎮魂の灯火のルミナリエなどなど盛りだくさんのイベントですよ。

$心と身体を癒すゆきのブログ

リレーフォーライフ広島(尾道)では、会場に集えない事情があっても、インターネットで24時間のライブ配信を行います。
しかも3チャンネルで同時配信いたします。
●総合チャンネルではステージの模様や会場での参加者インタビューなどをマルチカメラでお送りします。
http://www.ustream.tv/channel/rfl-hiroshima2011
●ステージチャンネルでは、舞台を飾るアーティストのエンターテイメントをお楽しみください。
http://www.ustream.tv/channel/rfl-hiroshima2011-2
●講演チャンネルでは、ためになる講演をもれなくお届けします。
http://www.ustream.tv/channel/rfl-hiroshima2011-3

Twitterでスタッフと交流可能です。
http://twitter.com/#!/rfl_hiroshima
あなたのメッセージで応援してくださいね。

1週間ぶりに訪ねた病室。
「具合はどうですか~」

いつも私の足うらリフレクソロジーを楽しみにしてくれている方。
がんと闘っていらっしゃる患者さんです。
「むくみも少し良くなったみたいなのよ~」「気持ちいいわラブラブ」と喜んでくださるのです。
その笑顔は私にとって本当に嬉しいものです。
「この窓から見える景色は本当に楽しいのよビックリマーク雲が面白いの。毎日、毎日違うの。
雲が人の顔に見えたりね~動物に見えたりするのよ」
$心と身体を癒すゆきのブログ

今日も足を揉ませて頂きながら貴重なお話しを聞かせてもらいました。
「来週は私、リレーフォーライフIN尾道へ行ってくるから。たくさんのがん患者さんに勇気と元気をもらってくるねチョキ

「いいな~」
「インターネットで生中継してくるからね。」
「え~ほんとに???ベットの上でも見れるのね目
次回はリレーフォーライフという共通の話題をおかずにまたリフレクソロジーね音譜と約束をして病室を後にしました。

若石健康普及指導士初級プロコースの生徒さんがまた1人7月中旬からスタートしています。

やはり初日はドキドキしますね~
どんな方だろう?(#^.^#)
なぜ若石リフレクソロジーを学びたいと思われたんだろう?(#^.^#)
そして私を探し出してくれてありがとう。ラブラブ

必ず私は、生徒さんから多くの学びを受け取ります~感謝です。

先日、その生徒さんと盛り上がった事がありました。
私は、リフレグッズをこのポーチに入れて持ち歩いています!授業の時に出した瞬間‼
先生~このポーチどちらで買われたんですか?

私、二年前にフランスで買ったんですが、すごーく優れもので、日本で探していたんだけど、どこにもなかったんです!っと生徒さん。

そう。そう。すごーく便利で可愛くて、私も離せないの!
リフレグッズって以外とかさばるの。
愛心棒やクリーム色々と入れて来るとなかなか良いポーチがないの。
でもこれは良いよ~っと私。

2人で授業そっちのけで盛り上がってしまいました (^O^)/

私のお友達がこのように優れものでしかも美しく可愛らしい物をセレクトし紹介してくれるのです。
ありがとう。


私のお生徒さんは、「正に働く女性ならではの優れものだ!」と絶賛していました。

photo:01

バナー
バナー