バナー

とうきょう子育てスイッチ

ログイン



私が若石リフレクソロジーと出会ったのは10年前です。
それ以前の私の身体は、何が原因で?こんなに調子が悪いのか?全くわからないのですが・・・とにかく調子が悪い。
家系的にも早くして病死している家族・親戚が多いという現実も私の恐怖をそそります。

出勤するために朝のラッシュの電車に乗れば・・・たかが20分という短い時間も気分が悪くなり途中下車してベンチに座り込むこともありました。

腰は常に痛く鈍痛・・・
私は、何らかの精神的な理由で私は、出社拒否をしてるのだろうか?など、自分で自分を疑ってしまうこともありました。

体調が悪いから出てくる不安が、前向きに取り組もうとする事へストップをかけるのです。

そして不安が不安を呼び倍増していくばかりでした。

徹底的に調べようと精密検査をしたのですが、わかったことは極度の胃下垂。

「子どもを産めば自然と胃があがるかもしれませんよ。或いは体質改善かな」など軽くあしらわれたという感じ。

それでも心も体も軽くなりたくて、旅行先では必ずマッサージお願いします!と、マッサージオタクのように色々なマッサージを試しました。

タイ式マッサージ、英国式マッサージ・・・本当に多くのマッサージがありますよね。
しかしどれもマッサージをしている間は心地良いのですが・・

正直ピンとはきていませんでした。



そんな時、家の近くのあるお店で受けた足裏マッサージ...これは目からウロコでした。

この足裏マッサージはいったい何式??

これは何か違うという身体の手ごたえを感じましたね~

それが「台湾式若石リフレクソロジー」でした。

足を揉むことで、内臓を刺激し、手が届かない内臓の末端までマッサージしているような妙な感覚を感じました。

身体の小さな細胞一つ一つに呼びかけているような。

またそのお店ではお客さんとの会話を本当に大事にしてくださり、あなたは子宮あたりが弱いかもいれないね~大事にしてあげてね。」とやさしく伝えてくださいました。

何だか救われた感じ。
「そうそうそうそうなんです!」
悪いところがある事は良い事ではないんだけれど、自分自身が心配していた事に対し、ただただ寄り添ってくれた感じ。

わかるよ~と言ってくれた感じでした。

帰る時には、身体も心も軽くなってくるのです。

それから、勉強すればするほど、若石リフレクソロジーの魅力に引き込まれました。

●血液の循環を良くする
●各器官の働きを正常にする
●ホルモンのバランスを整える

私は、アートセラピーセラピストとして心の予防にも携わってきていましたので、予防という事がどれほど大切なものなのか?ということは身にしみて感じてきています。

若石リフレクソロジーの身体の予防と心の予防を私達が意識した時、怖いものなしだわ!と正直思い、若石リフレソロジーの技術、要素も自分自身の中へ取り入れることにしました。

また足を揉んでいる時間、その方と向き合っている時間の貴重なこと。

素足を人に見せる、足を触ってもらう、触ってあげる・・・

意外と恥ずかしい事なんです。

少なくても私はそうでした。

でもその垣根を超えた時、とっても素敵なコミュニケーションが生まれているのです。

身体の事で心配な事、悩んでいる事、日常不安に思っている事、人間関係の悩み、そして嬉しかった出来事、今後やりたい事までも、普段なかなか言えなかった一歩深まった会話までもさらっとしてしまったりするのです。

ですから私は、最高のリフレクソロジストは、お母さんであり、奥さん、旦那さん、そして彼女であり彼氏である、そうあなたの大事な身近な人だと私は思ってます。

リフレクソロジーの時間は身体にとってとても良い時間です。


聞いたことがありませんか?
「痛いの痛いの飛んで行け~」とお母さんにおまじないをかけてもらうと子どもが泣きやんだりしますよね。

心が軽くなるって一つに、傷(患部)に対しどれくらい手当をされたか?ということだと思うのです。

手を当てて手当することで、人のぬくもりを感じることで人の心は救われるのではないでしょうか。

そして身体の中にある60兆もの細胞に、その手当を感じ救われます。

実際若石リフレクソロジーを受けて頂けるとわかりますが、痛さがあります。

痛いから効くのです。

考えてみてください。
私達人間は、ある程度の刺激により脳は活性化し、ある程度の刺激により向上しレベルアップしていくのです。

人間関係においてもある程度の摩擦があり、痛い思いもしそして優しい心が育っていくのです。

若石リフレクソロジーの刺激は内臓に元気のエールを送るようなものです。

そして心も体も強くなっていきましょう♪きっと毎日に潤いが出てくることを願って。


皆さんもどうぞ試してみてください。

バナー
バナー